Honda Accessが運営する

ショッピングモール

第8回 オートキャンプで手早く、ゆったりリビングを。
冬の冷たい風もへっちゃらな「リアゲートテント」

オートキャンプでは寝るための就寝スペースと、家族や仲間と一緒にくつろぐリビングスペースを作るのが基本。就寝スペースにはテント、リビングスペースにはタープを建てるのが一般的です。

でも最近では、テントの代わりに車を就寝スペースにする「車中泊」を楽しむ人も増えています。テントを設営する手間がかからないので、そのぶん遊びに時間を使うことができるのです。

そんな車中泊をもっと楽しくしてくれるのが、テールゲートにセットするだけで、ゆったりとしたリビングスペースができあがる「リアゲートテント」です。

開いたテールゲートにテントをかぶせ、テントサイドに縫製されているマグネットとフック、ファスナーでクルマのボディに固定。そして、車とは反対側にポールを立ててロープで引っ張り、地面にペグで固定すれば、広々としたリビングの完成です。

テントの3面に窓があり、そのうち2面はメッシュにすることもできるので風通しは抜群。寒い日には窓を全閉することで、冷たい風もシャットアウトできます。リア側の窓にはクリア窓も装備されているので、全閉時でも採光はバッチリ、外の様子も確認できて安心です。

そして何より、車とつながっているというのが便利。雨の日に車内に置いてある荷物を取ったり、寝るために車内へ入っても濡れる心配がありません。

テント内は、テーブルとチェアを置いて4人でくつろげる広さ。車のラゲッジスペースもリビングの一部として活用できることを考えると、思いのほか広く使えます。

また、オートキャンプ場での車中泊だけでなく、デイキャンプやBBQのリビングとしても活用できます。小さな子どもがいるときは、3列目シートを倒してお昼寝させるのもいいかもしれません。

慣れてしまえば、設営は2人で10分程度。一般的なタープを建てるより簡単です。素早く気軽に建てられるので、アウトドアに持ち出して、さまざまなシーンで使ってみたいアイテムです。

※ 写真の見やすさを考慮し、日中に撮影を行っています。

リアゲートテント Mサイズ(FREED・N-BOX・ホビオ対応)

リアゲートテント Lサイズ(ステップワゴン対応)