Honda Accessが運営する

ショッピングモール

第6回 寒い季節はあったかキャンプを楽しもう!
“ピラミッドグリル EVO-M”と
“Circle h×LOGOS オリジナルキャリングバッグ”で
チーズフォンデュ&焚き火に挑戦!

寒い季節のアウトドアでは、冷めにくい料理を楽しむのが基本。BBQや鍋料理など、調理しながら食べるメニューが人気です。でも、もう少しテンションが上がる料理を楽しみたいな…。ということで、今回は“チーズフォンデュ”に挑戦してみました。

「ピラミッドグリル EVO-M」でお好みの食材を焼き、溶かしたチーズをからめていただく。それだけで、いつもとはひと味違ったオシャレなアウトドア料理が楽しめます。ただし、チーズを火にかけっぱなしにすると焦げてしまうので、こまめに火から外して楽しむのが◎。

寒い季節のキャンプで暖をとるなら、オススメはなんといっても“焚き火”。使い捨てカイロやガスヒーターとは比べものにならない暖かさが魅力です。

「ピラミッドグリル EVO-M」は、BBQのグリルだけでなく焚き火にも使えるアイテム。食事が終わったら焼きアミを外して、着火剤と薪を入れます。そして火をつければ、あっという間に焚き火のできあがりです。

チェアに座って焚き火を囲み、家族や仲間と語らえば、普段はしないような話もできて楽しいもの。お喋りよりもスイーツが好き!という人は、串にマシュマロを刺して“焼きマシュマロ”を楽しむのもオススメです。

また秋冬のキャンプは、防寒対策で荷物が多めになります。そんなときは「Circle h×LOGOS オリジナルキャリングバッグ」のような大容量バッグがあると便利。厚手の冬用シュラフやマットをひとまとめにして収納できるので、テント内に荷物を運ぶのも楽チンです。

サイズは幅80cm×奥行30cm×高さ50cmで、素材は丈夫なポリエステル。薪を2~3束入れて、一度に運ぶこともできます。この大きさなら、家でキャンプ用品を保管する際にも活躍しそうですね。

春や夏のキャンプとはまた違った魅力がある秋冬キャンプ。防寒対策を万全にすれば、こんなに楽しいキャンプはありませんよ!

撮影協力/神奈川県 パディントン ベア・キャンプグラウンド
https://www.pica-resort.jp/paddington/

※ キャンプ場内一部施設は、冬季(12月~3月)休業中です。

ピラミッドグリル EVO-M

Circle h×LOGOSオリジナルキャリングバッグ