Honda Accessが運営する

ショッピングモール

FREEDで「静岡イチ静かな岡」を探せ!

静岡イチ静かな岡を探せ! 第6回

2016.11.30


ハローNewフリード!
静かな岡を探す旅 その1
STEP WGN Modulo X編 第1日

こんにちはメガネ丸です。先輩から命名されました。メガネをかけているからメガネ丸。その理屈じゃ人類の3割がメガネ丸だろと思いつつ、他に特徴の無い自分がうらめしい。いっそメガネ外してやろうか。……ダメだ、運転できない。とにかく、そんな私メガネ丸がデスクで仕事をしていると、ある日突然Circle hのチームメイトがやってきた。

「メガネ丸さん、
 静岡で静かな丘
 探して来てください」

一瞬耳を疑ったが、彼の目はマジだ。まるで狂気の沙汰である。かくしてこの旅は始まった。二日間の愛車はステップワゴン。最新のヤツ。このサイトをHonda Accessが運営していることをさっぴいても正直かっこいい。タダでくれないかな笑(真顔)。奥の黄色いアレが対抗馬のFREED先輩。

乗り込んで気づいたけど、ステップワゴンに一人で乗るのはちょっと寂しい。これって仲間とか家族と乗るヤツだよね…?二日間一人か……。その寂しさを紛らわすためか、見送りのチームメイトがクッキーをくれた。静岡だけにお茶入りのクッキー。どうみても一人じゃ食べきれない量だ。友達をくれ。

はてさて時間は限られている。いちおうこの企画は対戦型ゲームらしい。勝負となると負けたくないのは男のSAGA!さっそく最初のポイントに向かう。クッキーおいしい。

三池平古墳 → 47.7db

いきなりナビに表示されないディープなスポット。しかし気持ちのよい場所である。そうか、丘を探す旅とは、見晴らしが良い場所を探す旅でもあるのか。秋晴れの彼方にキラキラと海が輝く。高校生カップルの初キッスにおあつらえむきの場所である。古墳だけに胸が土器土器して不整脈になりそう。さっそく騒音計で初観測。…………47.7db。これがうるさいのか静かなのかイマイチ判断付かない。風の音が強いようだが…正直手応えはまるでない。景色とは裏腹にモヤモヤした気持ちで車に戻る。やばいぞこの企画。めっちゃ地味。

ロダンの丘→38db

続いてロダン美術館の裏にあるという丘。幸いにも休館日で駐車場も人もまばら。美術館の脇から坂の多い遊歩道を登ると、街並を一望できるスペースを発見!どうやらロダンの丘とは通称らしく、特に看板が無い。通りすがりの貴婦人方に聞いてみるとどうやらここで間違いないようだ。38db。さっきより静かだ。ちなみに貴婦人方に「何をしてるんですか?」と聞かれ「静岡で一番静かな丘を探しているんです」と答えたら、曖昧な表情で「…?…ああ……そ、そうですかwww……????w」とすごく微妙な空気になった。いきなり不審者である。これからは「自分探しの旅」と答えよう。メガネ以外の特徴をなるはやで探さねば。

この微妙な距離感を見よ。

池田→36.6db

池田である。誰やねん、って感じだがこのあたりの地名のようだ。一面のお茶畑を車で登っていく。溢れんばかりの静岡感! 実に気持ちがいい。そして明らかに静かである。これはけっこういい感じになるんじゃないか…と計測。

36.6db! うん。静かだ! いまのところ1番静か! 正直テンションが上がったんだけど、いかんせん静かだから盛り上がりに欠ける。いそいそと車に戻り、次のスポットへ向かう。車内はもちろん無音だ。

みどりヶ丘公園→39db

名前に「丘」がついてるんだけど、どう見ても平らな公園。誰だよここ行けって言ったたヤツ。しかも特に「みどり」も多くない。実態が名前に全く反映されていない。「千葉」にある「東京ドイツ村」のようだ。しかし、平日の午前中は誰も居なくとても静か。いちおう遊具に登り、1番高い場所で測定。39db。まあまあな数字がニクイ。

※仕事中です
ここでお昼をまわり、少々おなかが空いてきた。せっかく焼津にいるのだから漁港で海鮮丼を頂こう。特筆する事は何もないのだが、普通に美味しい。もちろん会話など無く静かに咀嚼する。

島田市ばらの丘公園→46.7db

続いてはメルヘンかつファンシーなばら園だ。小高い丘にばらが満開…を想定していたが季節的なアレもあり、画像のようなアレだった。コメントしづらい。そして公園中央に噴水があるため常に水の流れる音がする。これはキビシいかも…と思ったとおりの46.7db。なかなか騒がしい。
意気消沈して園内を散策してると「ヴィーナスの丘」なるものの表記を発見! 想定外の丘である。

挽回なるか!?と看板をよく見ると、逆に漠然とした不安が膨らむ。…これ文法まちがってない?
そこから芝生の道を登ると数分でヴィーナスの丘に到着……あれ? ………何か聴こえてきた。

ヴィーナスの丘→52.2db

丘の上には白い小屋があり、ベルとばらで飾り付けられている。まるで少女漫画のワンシーン。そして何よりも、大音量のクラシック音楽が響き渡っている。耳に蜂蜜を流し込まれているようだ。いちおうベルを鳴らしたがその音もでかい。オスカルに裏切られた。その切なさ52.2db。圧倒的なロマンティックに打ちのめされ、車へ戻る。

白岩寺公園→43.2db

続いては県内屈指の展望スポットへ。現場に近づくにつれて「これ丘じゃなくて山じゃない…?」という疑念が湧いてきたが、そこはサラリーマンなのでグッと飲み込む。さらに公園名でググると予測変換で「幽霊」と出てきた。案の定、入り口に到着するとただならぬ雰囲気。ていうかマジ怖い。

しかし悲しきサラリーマン。登る以外の選択肢などない。薄暗くも急峻な道のり。日頃の運動不足もたたり、足がパンパンになっていく。

登り始めて15分、突然視界が開けた。あれ?ちょっとすごいかも。

はやる気持ちを抑えて頂上の公園まで登りきると180°以上の展望が開けていた。うん、これはすごい。

丘にしては小高すぎるが、登った甲斐があった。正月のようなスガスガしい気分。しかし風の音と、下界の生活音が意外と騒がしい。まさかの43.2db。ううむ、イマイチ。ゴーストのささやきか。

牧之原公園→59.1db

この企画の事前に、静岡在住の友人にリサーチをかけておいた。氏曰く、この公園に行けば間違いない!とのこと。静岡中のカップルが集う性地…じゃなかった聖地らしい。市街地から徐々に道路を登っていく。ワクワクの二次曲線も上り調子である。いよいよ到着! しかし、

モロに工事中だった。しかも平日なのでフル稼働である。静かというか、普通にうるさいレベル。友人にクレームのLINEをしたが既読のまま返事はない。いつか静岡おでんの具にしてやろうか。念のため展望台に登って計測するも59.1db。先ほどとは一転、憤りつつ車に戻る。シット!

菊川中央公園→32.6db

その後もリストアップされた丘を巡るのだが、どうも場所的にパッとしない。夕方だし今日はもう終わりかな…と思っていたら、車道右手に突然丘が現れた。未知とのSo Good! どうやら菊川中央公園というらしい。予定にはなかったが急遽ぶらり途中下車。公園には子供が数人走り回っている。公園の奥へ向かうと、

実家の東京都多摩市にそっくり。
夕暮れの街がきらめくちょっとした丘である。そして、計測してみれば

驚愕の32.6db! やった! 多摩市すごい! 今のところぶっちぎりである。勝利を確信した瞬間。これぞ静かな丘。ラピュタを発見したパズーばりにバルスである。静かに喜びつつ、この流れを止めてはいけない。本日最後の丘に急行する。

22世紀の丘公園→36.1db

すっかり日も暮れて到着。大量の梨でも植えてあるのかなと思ったけど、普通の公園だった。どうもこの地域は、名前と実態にギャップがある傾向らしい。制限時間もギリギリなので、駐車場の斜面で計測。日が暮れたらどこでも静かだろ! と思いきや、意外と36.1db。よく耳をすませば、ここでも薄く音楽がかかっている。ちょっぴりおセンチな気分になりつつ、本日はここで終了。

温泉に入って暖まったのち、夕ご飯はもちろん「さわやか」である。静岡県内のみ展開するハンバーグチェーン。これが実に美味しいんです。 肉汁が疲れた体に沁みわたる。がっつきすぎて写真撮るの忘れたから興味ある人はググってください。

心も体も回復したところで、本日の宿「道の駅 掛川」に向かう。

もちろんホテルではない。車中泊である。社命とはいえシティボーイには過酷な一夜になるだろう。到着するとすでに車中泊をしている車もチラホラ。同士がいることにちょっと安心した。真後ろがセブンイレブンなのも心強い。コンビニは心の安定剤だ。ドラッグストアよりもドラッグ感あるよね。

初めての車中泊にあたり、チームメイトがいろいろ気を利かせてくれた。秘密基地みたいな車内が完成! 窓には目隠しがつくので、人目は全く気にならない。正直ちょっとテンション上がる。昔から押し入れとか好きだったし。

それっぽい写真↑を撮って、今日の仕事は終了。1日運転しっぱなしはさすがに疲労も甚だしい。クッションと寝袋をセットし横になる。同時にものすごい睡魔が襲ってきた。リア充のワゴンから漏れるEDMを子守唄に就寝。ララバイ。

(Circle h やってみ隊 メガネ丸筆)

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!