Honda Accessが運営する

ショッピングモール

FREEDで「静岡イチ静かな岡」を探せ!

静岡イチ静かな岡を探せ! 第1回

2016.09.30


ハローNewフリード!
遊びに行こう。

なんじゃそれ? と、思ってくれた皆さま、ありがとう。
静岡イチ、静かな岡を探す旅へようこそ。
この記事は話題の新車Honda FREEDに乗って
静岡県内を三日三晩走り回り、静岡でもっとも静かな岡(丘)を探す
という、あまりにそのまんまな挑戦を皆さまにお届けする内容となっています。
でも、ちょっと興味湧きますよね?
青い森や、福の岡や、香る川も気になるけど
静かな岡って。
もちろん、夜中に静かなところはあるんでしょうけど
そんなの全国どこにでもある訳で。
まっ昼間でも静かな岡がどれだけあるのか、
そこんところをしっかり調査してこようと思う訳です。
初回と次回は、旅の相棒フリードについてご紹介しつつ
そこんところをしっかり調査してこようと思う訳です。
旅の準備をいたします。がんばって付いてきてYo!

ハローNewフリード!
遊びに行こう。

2016年9月、リニューアルされたファミリーカーの優等生フリード。
コンパクトで取り回しやすいサイズなのに中は広々。燃費もいい。
と、いいことづくめのFREEDさん。
果たしてこいつは外で遊ぶことが大好きな僕たちにも、ちょうどいいのか?
いっしょに遊びたくなるだろうか? まずは軽く確かめさせてもらおう。
ただし、今回は実車がないので、
あくまでカタログに載ってる情報や写真から検証するしかないんだけど。

広く、低くは
乗り降りにも出し入れにも
いいと思う。

ある筋から伝え聞いた話では
フリードは決してファミリーカーのつもりで作ったのではなく
これ1台で日本全国すべての人に
答えられるクルマにするつもりで作ったのだそうな。
すべての人とは、つまり老若男女、身長や体型を問わずにということ。
だからだろう。クルマの床面は地面にほど近く、乗り降りしやすい。

僕らにしてみればまるでテントに出入りするみたいなもの(大げさ?)
実際のところ、キャンプ中やその準備、帰り支度をするときに
荷物を持って出入りすることを考えると、けっこうありがたい話。
もちろん、
ラゲッジスペースも地面に近い低さゆえ、出し入れしやすくなっていて
開口部の開きも申し分なく、サイドは両側スライドドアといたれりつくせり。
人間はもとより、小型犬でも大型犬でも難なく乗り降りできるんじゃないかな。

クルマのサイズと
視野のバランスが
なるほど、ちょうどいい。

ドライビングポジションなんて言うと運転しやすい座席の位置のこと?
かと思うけど、このクルマはちょっと違うという気がしてくる。
運転が得意じゃない身からすると、とにかく視野が開けて
クルマの前後左右を把握しやすい(らしい)。
狭い道で行き交う時はもちろん、交通量や歩行者の多い道でも
きっと余裕が持てるだろう。

ここまでフロントガラスが広いと胴長の僕でもまず
信号見るのにかがみ込む必要なんてない訳で…まあ、ありがたい。
つまり、大事なのは視点の位置。
フリードはその適正範囲が広いみたいだ。
あともうひとつ。これからのクルマのスタンダードともいえる
安全運転支援システム。Hondaの場合は
Honda SENSINGというミリ波とカメラ、両方を使って
衝突を回避するシステムが設定されているのは
ママさんたちにも、当然ボクにもありがたい。

最大の特徴は
ラゲッジスペース
にあり。

独断と偏見だけで言わせてもらえば、
FREED+の最大の特徴は
座席の後ろに広がる立体的なラゲッジスペースにあると思う。
隅々までスクエアで広い、というだけでなく
タテに、あるいはヨコにも自由に仕切れるから
積み放題とは言わないまでも、
スペースを最大限利用して荷物を収納することができる。
オプションのパーツなども使えば
収納力という意味では相当なものだろう。
純正のオプションパーツなんてものにはあまり興味が無かった人にも
これらは一見の価値があるんじゃないかな。

<FREED+純正オプションパーツ>
積載パッケージ【ディーラーオプション】
・ラゲッジマルチボード(¥43,200) 車中泊ではテーブルに
・ラゲッジトレイ(¥17,240) 汚れ・濡れを気にせず積める
・ルーフラック・ネット付き(¥15,120) どんな隙間も見逃さない
合計 ¥75,600のところなんと!
パッケージ価格 ¥64,800
1万円以上もお得です。詳しくはディーラーさんにいますぐお電話を!

ついでに
シートアレンジの話

フリードの「押し」らしいシートアレンジについてなんだけど
公式サイトでは(3列仕様のFREEDさんの方ですが)
ノーマルモードの他にロング/ビッグ/ハーフ3つのラゲッジモードが
紹介されている。しかし、正直なところ
何種類ある!とか、こんな使い方がある!
と言われてもあんまりピンと来ないんだよね。サイズ感て。
やっぱり実車を使って検証していきたい。
しかし、残念なことにまだ我々のもとに届いていないのです。
ということでまた次回。
いろいろ積み込み、設置し、中で寝たり起きたりしながら
フリードの中身についてみなさまにお伝えします。乞うご期待!

(Circle h やってみ隊長 こと タカポン筆)

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!