Honda Accessが運営する

ショッピングモール

Circle hの特集

2018.05.16


海から世界遺産と無人のビーチを目指すCircle hの春合宿。
夢の焚き火台を海旅で実戦投入!
~番外編~

カヤックは、初めてでも、体力に自信がなくても楽しめるアクティビティなんです

瀬戸内海はカヤック初体験にぴったり。

 さて、焚き火台の最終検証レポートに引き続き、今回はカヤックキャンプ旅のこぼれ話を少々お届けしましょう。  
 Circle hメンバーが焚き火台の最終検証の場に選んだのは、広島県の宮島。ご存知、世界遺産の厳島神社がある瀬戸内海に浮かぶ島の一つです。移動手段は、なんとシーカヤックをチョイスしました。経験のない方からすると、なんとも難しそうなアクティビティに思われるかもしれません。実はメンバーも今回がシーカヤック初体験でしたが、案外すんなり漕げるようになったんです。
 初めてのカヤック体験を楽しい思い出にしたいなら、いくつか押さえておきたいポイントがあります。まず、波が穏やかな海を選ぶこと。その点、ウネリが少ない瀬戸内海の宮島はカヤックデビューにぴったりです。さらに、無人のビーチでのキャンプや海から目指す世界遺産、広島ならではのご当地グルメなど、カヤックだけじゃない楽しみを組み合わせて満喫することができる場所なのです。  
 もう一点は、経験豊富なカヤックショップを利用すること。カヤックを安全に楽しむには様々な道具や専門知識が必要になりますが、お店に頼めば手ぶらでも体験することができます。しかも技術だけでなく、注意すべきポイントまでしっかりと教えてもらえるので安心です。

自分の力で海を漕ぎ進み、目的地が徐々に近づいてくる感覚は、シーカヤックならでは。

海から世界遺産へアプローチ!

 今回のカヤック旅の目玉は、なんといっても海から厳島神社の大鳥居をくぐることでした。
 「まず、潮が満ちているうちに厳島神社の鳥居を目指しましょう。今日のキャンプ予定地は島の裏側にあります。往復で10kmくらいかな」と久保田さんが、海の地図(海図)を使って説明してくれます。
 「こんなに大きかったんだ! 海から見るって新鮮!」
 厳島神社には何度も訪れたことがあるというひろりも、海から鳥居を見るのは流石に初めて。
 「この柱はクスノキでできているんですよ。何度も建て替えられてますが、これは明治の初期に建てられたもので、次に建て替える時にはこんなに大きなクスノキがなくて困っているそうです」と、すかさずガイドのマーシーさんから豆知識が入ります。ふむふむ、なるほど。  
 取材日は、春休み真っ只中ということもあり、陸は大勢の観光客で溢れていました。その視線の中、僕らは混雑知らずの海から鳥居をくぐるのです。なんとも言えない優越感。どうだい、羨ましいだろ!
存分に海からの世界遺産を眺めたら、上陸してお待ちかねのランチへ。宮島名物の穴子丼をいただきます。これが甘辛い味付けで、疲れた体にぴったり。うまい! 食後には焼きたての紅葉饅頭を片手に、ぶらぶら宮島散策を楽しみました。午後のカヤックに備えて、ガソリンの補給はばっちりです。

朝陽の作り出す幻想的なグラデーションと今回の旅の愛車たち

カヤックでしか行けない無人島を目指せ!

 焚き火台のテストキャンプを終えた翌日、実は僕らは無人島にも行ってきました。
 朝、テントから起き出すと、空は晴れ渡り、今日も絶好のカヤック日和。チュンチュン(小雀さん)が用意してくれた、キャンプとは思えないほどオシャレな朝食で腹ごしらえを済ませ、一路無人島を目指します。

キャンプとは思えない充実の朝食。実は、チチヤスって広島の会社だって知ってました?

 朝の柔らかな光に照らされた無風の海は、快適そのもの。あっという間に目的の無人島が近づいてきました。
 マーシーさんによれば、「ここはバブルの時期は渡し船が出ていたビーチリゾートだったんですが、今は船が出ていないのでカヤックで来られる人だけの貸切!」なのだとか。  
 上陸してみると、そこにあったのは気持ちのいい無人のビーチ。朽ち果てた廃墟。そして、人も住めそうなほど大きな洞窟。冒険心が高まる要素の揃い踏みじゃないですか!  
 「無人島って響きだけでもワクワクするね。次は、無人島で野宿がしてみたいな」  
「あと、焚き火料理も自分でチャレンジしてみたい!」  
かたやんとひろりは、朝から無人島ハイでキャッチボールを楽しみます。  
初めは恐る恐る無人島探索していたまっきーも、チュンチュンと楽しそうに砂浜にお絵描きを始めました。  
「うちのオフィスは、こういう間取りで、ここに私が座ってて、ここにひろりセンパイの席があって…」。  
うーん。現実感のない無人島で、随分と現実的な会話をしてらっしゃいますな。

美しい海に漕ぎ出していく開放感。これぞ、シーカヤックの醍醐味です

カヤックの魅力は「違った目線」で見られること

 無人島を後にする頃になると、みんなパドルを扱う姿も様になってきて、だいぶカヤッカーらしくなってきました。  
 「あたし、雨女なんで今日は晴れただけでも嬉しい! しかも、カヤックって息が合ってくると思ったより進むんだね」とひろり。
 「優雅で贅沢な遊びだよなー」とのんびり派のかたやんとの息は徐々に合ってきて、初めと比べるとカヤックのスピードは見違えるほどです。  
 「あっちにある牡蠣の養殖棚を見てみたい。あ、ひろりセンパイ達に負けないで!」とまっきーも、カヤックとチュンチュンの操船技術がみるみる上達しています。

牡蠣の養殖棚をチェック。ホタテの貝殻を海中に入れ、牡蠣の幼生を付着させるそうです

上達具合を示すように、帰りは行きよりもかなり時間を短縮し、あっという間にショップに帰ってきました。みんな怪我なく、無事で何よりです。  
さて、チュンチュン、最後にカヤック旅の魅力ってなんでしょう?  
「カヤックは、歩く、走る、クルマ、自転車などの日常の移動手段とは違い、目線がとても低くなるので、いわゆる『違った目線』で物事を見ることできます。感覚が変わるので、五感も刺激されますよね。皆さん、普段は見えないものが見えたのでは? 天気にさえ恵まれれば、この非日常感が手軽に味わえることこそが、シーカヤックの魅力なんです」  
上手にまとめていただき、ありがとうございます。旅を終え、「また、カヤック漕ぎたい! すぐにでも次の旅に行きたい!」と、より一層冒険心に火がついた様子のメンバーたち。さて、次はどこにお邪魔するのか、皆さん、Circle hの今後の活動をお楽しみに。  

ほとんど濡れないので、春先でも天気が良ければ寒さを感じることはないでしょう

かたやんの艇がひっくり返るアクシデント! と思ったら、わざとでしたか…

 
■shop data

今回、お世話になったのは…

KAYAK SPACEパドルパーク
広島県廿日市市物見東1-2-9
0829-50-4340
11:00~19:00
不定休

今回、ガイドを務めてくれた久保田さんのお店。もちろん、必要な道具は全てレンタルできるので、手ぶらでカヤックが体験できます。今回のようにキャンプで1泊するコースだけでなく、ビギナーには半日で神社を往復するコースもおすすめ。最寄りのJR前空駅からは徒歩3分(広島駅から前空駅までは約35分)。電車でもアクセス楽々です。

■profile
今回の参加メンバーは…

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!